お茶をこよなく愛す”茶の伝道師”が、お茶の情報を毎日発信。

当ブログについて

筆者について

こーちゃん 日本茶革命者プロフィール

100年後に本物のお茶を
こーちゃん 日本茶革命者

こーちゃん 日本茶革命者をSNSでフォローするならこちら


2019/06/25

Twitter @kozi2677

Post Title

百二十三、「共に闘う」with OLIVER PEOPLES

茶の伝道師 皇茶人(こーちゃん)おはようございます。茶の伝道師 皇茶人(こーちゃん)です。

ものづくりニッポン

今回ほどお茶のことが一切ない「章」もないでしょう。

超個人的なことです。

視力が低く2年ほど眼鏡を所有していたこともありましたが、

コンタクトレンズに変え、

数年前にレーシック手術を受けたため、

目の周りにある物と言えば、まつ毛と眉毛くらいそれと・・・

時々サングラスです。

じゃあ、なんで今更ながら眼鏡なの?と言うことですが・・・

正直「似合う!」と言う言葉にノセラレタのと(笑)

このブランド OLIVER PEOPLES のデザイン性

そして、職人さん達のものづくり精神に共感してしまったから。

基準は「職人」

世に溢れる多くの製品って出荷時に

その会社やメーカーの出荷可能基準(品質基準?)がありますよね。

眼鏡と言えば福井県ですがこのOLIVER PEOPLESは、

基準が『職人』さん。

「この商品、作品を世に出して恥ずかしくない、納得出来る」

そう思えた眼鏡だけが並ぶそうです。

ものづくりのニッポンとか聞きますが、

こう言ったトコなのかなと。

そして、

同じくものづくりの一端を担う者として・・・

この精神で作られた眼鏡をかけ、

共に闘う

受け売りですが・・・なんかイイなと思った次第です。

今後私に会う方・・・

「共に闘ってんな~」と思って頂ければ幸いです。(笑)

ちなみにこのモデルは、

2013年製 チェスマン と言います。

オリバーピープルズ店舗で最後の一つでした・・・。

 

 

皇紀2679年 令和元年 6月25日

東京神茶皇園 代表 河村皇志

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!

こーちゃん 日本茶革命者から記事を読んでくれたアナタに

LINE@に登録して、いつでもどこでも何でも即相談できるように!

東京神茶皇園はLINE@も行なっております。

聞きにくいことや、相談したいこと、

なんでも気軽に聞いてください^ ^

お気軽にご登録お願い致しますm(_ _)m

友だち追加

この記事を書いたのは「こーちゃん 日本茶革命者」

筆者「こーちゃん 日本茶革命者」について

こーちゃん 日本茶革命者プロフィール

こーちゃん 日本茶革命者をSNSでフォローするならこちら

100年後に本物のお茶を
こーちゃん 日本茶革命者

"東京神茶 皇園" 代表『皇茶人 こーちゃん』こと河村皇志。

代々続く銘茶の三代目として生を受けながら、お茶とは縁のない生活をしてきたある日、海外でお茶淹れをする機会に出会う。

海外で日本のお茶が心から楽しまれている姿を目にし、大きな衝撃を受ける。

「忘れていた本来のお茶の楽しみ方を見た気がした」

居ても立っても居られなくなり、それからお茶を猛勉強し、同年代の日本人にお茶の良さを伝えたいと『tokyo-shincha.com』を開設。

詳細プロフィールを見る

こーちゃん 日本茶革命者に仕事を依頼・相談する

筆者について

こーちゃん 日本茶革命者プロフィール

100年後に本物のお茶を
こーちゃん 日本茶革命者

こーちゃん 日本茶革命者をSNSでフォローするならこちら


▲最上部へ